眼瞼けいれん・顔面けいれん

このような症状はありませんか?

  • 目の周りがピクピクする
  • 急に目がギューと閉じてしまう
  • 顔がキューと突っ張るなど歪んだ表情になることがある

眼瞼けいれんとは?

眼輪筋(目の周りの筋肉)が意志とは無関係に攣縮(けいれん)する病気です。 目の周りがぴくぴくして、次第にまばたきが多くなって強い光,風,歩行,読書,不安,抑うつ,精神的緊張などで強くなります。 進行すると意思に反して目をつむってしまったり、目が開きにくくなることもあります。

眼瞼けいれんの原因

原因は不明ですが、脳内の運動を抑制するシステムが機能障害を起こすことによるといわれます。 発症のきっかけとしては、過度のストレス、睡眠薬や抗不安薬などの薬剤、化学物質などのシックハウス症候群などがあるようです。

顔面けいれんとは?

片側の目や頬、口の周りの筋肉が意志とは無関係に攣縮(けいれん)する病気です。ぴくつきは目の周りの筋肉から始まり、徐々に頬、口の周り、さらには首にまで広がることがあります。 けいれんのために目が閉じてしまいものが見えにくくなったり、口周囲のけいれんで食事がしにくくなったりします。けいれんが強くなると、日常生活への支障や美容的な問題となり得ます。 緊張やストレス、疲れなどで強くなります。目を強くつむることで誘発されたりします。

顔面けいれんの原因

顔面神経という、顔面の筋肉を動かす神経の脳からでてきた辺りに、脳の血管が接触・圧迫することで起こることが多いです。まれに脳の血管奇形や動脈瘤、あるいは脳腫瘍が原因となることもあります。 三叉神経痛の発生原因とよく似ています。刺激されるのが、顔面神経か三叉神経かの違いです。

診断法

顔面けいれんに対しては、頭部MRIを行うことで、顔面神経を圧迫している脳血管や脳腫瘍などの原因を確認できます。

治療法

眼瞼けいれんか顔面けいれんかによって、アプローチは異なります。 症状を改善させるため、薬物治療や、ボツリヌス毒素(ボトックス)注射などが行われることがあります。ボツリヌス注射療法の効果は数か月しか持続しないため、効果が切れると再発します。そのため、継続して注射することが必要です。 顔面けいれんが強い場合、手術によって血管による圧迫を解除することで治癒が見込めます。このような治療が望ましい場合は、治療実績が豊富な病院へご紹介しています。

お問い合わせ

大阪にお住まい・お勤めの方で、頭痛のことでお困りでしたらご相談ください。JR、地下鉄「弁天町駅」前すぐ

TEL:06-4393-9988

初診受付は、9:00~11:30/16:30~18:00
初診は予約不要です。頭部MRIは随時施行しています。
受付終了間際は混み合うことがありますので、できれば早めの時間にご来院ください。
休診日 木曜・土曜日午後・日曜・祝日

PAGETOP