脳卒中について

季節の変わり目は、脳卒中にかかる方が多いと言われています。いったん脳卒中にかかると、長期間の入院が必要になったり、場合によっては重い後遺症を残すこともあります。脳卒中にかからず、健やかに暮らせるための具 体例について考えたいと思います。

脳卒中とは?

脳卒中とは、主に脳梗塞、脳出血、くも膜下出血を指しており、これらを総称して言います。また脳卒中の卒は卒倒の卒で「突然に」という意味、中というのは中毒の中で「あたる」という意味です。
つまり脳卒中とは「脳の病気で突然に何かにあたったようになる(倒れる)」ことを意味しています。このように脳卒中 は突然に起る病気ですので、日頃からの予防がとても大切となります。

日本人の三大死因はガンと心臓病と脳卒中と言われておりますが、死亡率から言いますと脳卒中は年々減少傾向にあります。しかしこれは患者数が減っているのでなく、医学の進歩により死亡率が下がったためと考えられます。
そのため命は助かったが、手足に麻痺を残したり、言葉をうまく話せないなどの後遺症で悩まれている方が増えているというのが実情だと思います。 脳卒中に対する今までの見方では、予防もできない、治療もたいしてできないというように理解されていたのですが、最近ではどうすれば予防できるかというのが少しずつ分かってきており、治療も近年いろいろな治療法や薬がで きてきています。 脳卒中というのは心臓発作と同じように脳の発作であって緊急を要するような病気です。

脳卒中の症状としては

  • 『片方の手足・顔半分のマヒ・しびれが起こる』
  • 『ロレツが回らない、言葉が出ない、他人の言うことが理解できない』
  • 『力 はあるのに立てない、歩けない、フラフラする』
  • 『片方の目が見えない、物が二重に見える、視野の半分が欠ける』
  • 『経験したことのない激しい頭痛がする』
などがあります(脳卒中の主な症状 – 公益社団法人 日本脳卒中協会より

このような症状があれば脳卒中の疑いがありますので、様子を見ないですぐに脳卒中専門の医師の診察を受けるようにしてください。これらの症状が明らかに当てはまれば、119番で救急車を呼んでください。
また脳卒中の内訳を調べると脳梗塞が6割以上を占めており、脳出血やくも膜下出血に比べ非常に多い割合で 発症しています。

脳梗塞について

脳梗塞は1回発症したらこれから先は大丈夫かと言えば全くそう言うことはありません。1回脳梗塞を発症した人 は4,5年のうちに約20~30%の確率で再発を起こすと言われています。健康な状態の人が脳梗塞を起こさないように することも大事ですが、再発を起こさないようにすると言うことも非常に大事です。
脳梗塞には3つのタイプがあります。

①ラクナ梗塞

1つ目はラクナ梗塞で、脳の中の非常に細い血管が詰まって小さい範囲の脳梗塞を起こすことを言います。これは最近よく言われている「隠れ脳梗塞」や元気なんだけど検査してみたら脳梗塞 が見つかったというのがこのタイプの脳梗塞です。

②アテローム血栓性脳梗塞

次にアテローム血栓性脳梗塞があります。これはラクナ梗塞に比べ太い血管で起こる脳梗塞です。太い血管に 血栓が詰まってできるため梗塞となる範囲も広くなります。例えば、首の頚動脈や大動脈から脳に行っている血管が 枝分かれする比較的太いところに動脈硬化ができてアテローム血栓性脳梗塞を発症します。

③心臓の問題が原因で起こる脳梗塞

3つ目は心臓の問題が原因で起こる脳梗塞で、これを心原性脳塞栓症と言います。一番多いのは、心房細動と いう心臓の病気があるのですが、心臓の中に血栓ができやすくなり、それが血流に乗って脳の血管に詰まってしまう ことで発症します。このタイプの脳梗塞は前者に比べて広い範囲で脳梗塞を起こしますので、場合によっては命にか かわる重症の脳梗塞になることがあります。

脳卒中の危険因子

脳卒中には幾つか危険因子というのが分かっています。加齢による動脈硬化、高血圧や高脂血症や糖尿病などの生活習慣病による動脈硬化、心房細動や不整脈などの心臓病、そして喫煙、大量の飲酒などが危険因子と言われています。

MRIなどで偶然見つかった小さい脳梗塞も、将来脳卒中を起こす危険因子になることが分かっています。また、いわゆる遺伝の影響もあると考えられ、両親や兄弟に脳卒中を発症した人がいる場合は、脳卒中を発症する割合は 高いとされています。

脳卒中に関するQ&A

Q:高血圧の治療のために血圧を下げる薬をもらっていますが、血圧を低くしすぎると脳梗塞になりやすいと聞いたけれども大丈夫でしようか?
A:脳卒中の再発の予防で一番大切なのが血圧を下げることで、これについては確認もされており、またガイドラインでも推奨されています。 確かに血圧を下げすぎると再発しやすいと言われた時期もありましたが、最近では低ければ低いほど良いとされています。ただし、例えば脳梗塞を発症した人に対してすぐに血圧を下げる治療は行いません。 発症後1ヶ月ほどは血圧をあまり下げることはせず、2~3ヶ月以上経過し、状態が落ち着いてきたら血圧を積極的に下げていくことになります。また脳梗塞の病気の形によっても血圧のコントロール方法は違ってきます。専門の医師とよく相談して治療方針を決める必要があります。
 
Q:高血圧で薬をもらって治療したので血圧がだいぶ下がってきました。もう薬は飲まなくていいのではありませんか?
A:脳出血の予防という点では非常に危険です。 脳出血の発症および再発の予防としては、高血圧に対する降圧治療は強く推奨されています。脳出血で入院された方に今までどんな病気にかかっていたかを聞くのですが、高血圧で以前は薬を飲んでいたけど止めましたという方がよくいらっしゃいます。基本的に血圧の治療というのは一生続ける治療なので、自己判断で止めることは大変危険です。
 
Q:健康診断を受けたら血糖が高く糖尿病の可能性があると言われました。しかし現状では特に症状がないので、何か起こるまで様子を見ても艮いでしょうか?
A:糖尿病は脳梗塞発症のリスクを2~3倍高くする確立した危険因子です。もし糖尿病の疑いがあると言われたら、できるだけ早く医師に相談することが大事です。先ほど脳梗塞は再発の可能性が高いと言いましたが、脳梗塞の再発予防のために糖尿病の血糖コントロールを行なっても、再発予防には効束があまりないのではないかとも言われています。そのためにも糖尿病が分かった段階で、できるだけはやく治療することが脳梗塞の予防につながります。
 
Q:コレステロールが高い方が長生きできるという話を聞いたことがあるのですが、コレステロールは下げない方が良いのでしょうか?
A:10年~20年位前までは、高コレステロールは脳梗塞や脳卒中にあまり関係しないと言われていました。 食生活の欧米化の影響もあると思いますが、最近では特にアテローム血栓性脳梗塞のように、比較的太い血管が詰まる脳梗塞のタイプはコレステロールの影響があると言われています。また最近の研究結果では積極的にコレステロールを下げた方が脳卒中の再発は抑制できると言われています。
 
Q:何十年もタバコを吸ってきたので、今更やめても仕方がないのではしょうか?
A:喫煙は脳梗塞のリスクを2~4倍高くするというのは確認されています。しかし禁煙した場合、脳卒中発症のリスクは禁煙後2年以内に急速に減少し、5年以内に吸わない人と同じレベルまで戻るというデータもあります。 現在タバコを吸っている方もあきらめないで、今からでも遅くありませんので禁煙をするようにしてください。
 
Q:脳卒中に一度なると、アルコールを飲んではいけないのでしょうか?
A:原則的には少量であれば飲んで良いのではと言われています。 量的にはと言うと、アルコールで1日12~24gとなります。日本酒で言うと一合くらい、缶ビールで言うと1本から2本未満くらいと考えられています。全て禁止でなく、このように少量であれば精神的にも安定できて良いと思います。
 
Q:病院で検査をしたら小さい脳梗塞があると言われました。しかし血液をさらさらにする薬(抗血小板薬など)を出してくれませんでした。何故でしょうか?
A:このように症状が現れず、小さい脳梗塞を無症候性脳梗塞と言います。 これは脳梗塞の危険因子であることは分かっています。また脳卒中の他の疾患になる可能性もあります。そしてそのような方の約2割は脳出血を発症すると考えられています。 もし血液をさらさらにする薬を服用していると、軽い脳出血を起こした場合でも、重症に陥ってしまうことがあります。そのため無症候性脳梗塞が見つかったとしても、すぐにはそのような薬は出しません。第一に血圧の管理を行います。 無症候性脳梗塞から脳卒中を発症する人は血圧が高い場合が多いと言うことは確認されています。と同時に、先ほど説明しました血糖やコレステロールの管理、禁煙などを行えば、脳卒中を起こす可能性はさらに低くなります。ただし一度脳梗塞などで体に麻痺などを起こした場合は、再発予防のためにも血液をさらさらにする薬を服用することになります。
 
Q:家族が脳梗塞で入院し、投薬とリハビリで治療しているけれど、良くならないので手術を希望しています。しかし手術をしていただけないのは何故でしょうか?
A:脳梗塞に対して行う手術には、動脈硬化で狭くなった血管を広げる頚動脈内膜剥離術や経皮的血管形成術、血管を再建するバイパス手術などがあります。しかし基本的にこのような手術は、発症した脳梗塞の症状を良くするための手術ではなく、発症や再発を予防するための手術です。 脳梗塞の症状を良くする手術というのは現在の時点ではありません。ただし、最近話題になっている再生医療が実際に臨床へ応用され脳梗塞が治療できることも、今後10年もしくは20年後となるかもしれませんが、その可能性はあると考えています。
 
Q:いざ脳卒中になったらどうすればいいですか?
A:かかりつけ医の先生に「電話で相談」するか、あるいはすぐに119番通報することです。大事なことは様子を見ないで直ちに受診することです。 脳梗塞については、発症後4.5時間以内であればtPAという薬を用いた治療法が可能で、今までの治療に比べて明らかに結果は良いものとなっています。また最近では、症例によっては急性期にカテーテルで血栓を取り除く治療が有効であることが明らかになってきています。しかしここで問題となるのは時間です。病院に到着してから、診断がついて治療を開始できるまでにはタイムラグがあります。そのためにも少しでも早く病院に着くことが望ましいと言えます。
血栓溶解療法に対応できる病院についての情報は救急隊も把握していますので、前述の症状に当てはまり脳卒中であると感じられた場合は、119番通報で救急搬送を要請してください。また、脳卒中に詳しく、分からないことがあれば相談できるかかりつけ医をもっておくことも重要です。   現在、脳卒中治療ガイドラインが公開されており、専門的ではありますがインターネットでどなたでも見ることがで きますので、こちらのホームページも参考にしてください。脳卒中治療ガイドライン

お問い合わせ

大阪にお住まい・お勤めの方で、頭痛のことでお困りでしたらご相談ください。JR、地下鉄「弁天町駅」前すぐ

TEL:06-4393-9988

初診受付は、9:00~11:30/16:30~18:00
初診は予約不要です。頭部MRIは随時施行しています。
受付終了間際は混み合うことがありますので、できれば早めの時間にご来院ください。
休診日 木曜・土曜日午後・日曜・祝日

PAGETOP