かぜなどのウイルス感染症で発熱とともに頭痛がすることは、しばしば経験されると思います。新型コロナウイルス感染症でも、同様の症状は起こりえるようです。

高熱に頭痛、嘔吐、首の硬直をともなった場合は、髄膜炎という病気の可能性があります。髄膜炎の診断には、腰椎穿刺という特殊な検査が必要となります。MRIやCTでは診断できません

最近10日間以内に発熱があり、強い頭痛を伴ったときは、直接受診せず電話で医療機関へお問い合わせください(解熱剤で下がっている場合や、PCRや抗原検査にて陰性であった場合も含みます)。

 

オミクロン株の症状の特徴は? 従来の新型コロナウイルスと比べた潜伏期、症状の頻度、重症度の違い(忽那賢志) – 個人 – Yahoo!ニュース

こわい頭痛とこわくない頭痛

医療法人脳神経外科たかせクリニック